【Site Kit】バージョンアップしたら英語になってしまった場合の日本語に戻す方法

便利

ひこばえです

WordPressのプラグイン、「Site Kit」のバージョンアップをしたら元は日本語だったのに英語表記になってしまう場合がよくありませんか?

わたしの場合、バージョンアップのたびにかならず英語になってしまいます

プラグインとして最初にインストールした時は、日本語表記だったのに、バージョンアップするとなぜか英語表記になってしまう・・・

そんな時、この記事を読めば「Site Kit」が英語表記になったときの日本語に戻す方法がわかります

自分への備忘録も兼ねていますので役立ててください

ただし、私はサーバーをロリポップ!で契約していますので、ロリポップ!での説明となります

「Site Kit」の日本語言語パックの入手

最初に日本語の言語パックを入手します

まず、WordPressのプラグインのインストール済みプラグインの管理画面を開き、詳細を表示をクリックします

Site Kitのポップアップ画面が開くので、その中のプラグインホームページをクリックします

Site Kitのプラグイン公式ホームページが開くので、その中のInstall Site Kitをクリック

上のサイトが開いたら、Developmentタブをクリックして、その中のTranslate・・・をクリックします

上のサイトが開いたら、画面右上のProjects横の▼ボタンを押すと、アコーディオンメニューが開くので、Language Pscksをクリックします

言語ファイル一覧が表示されたら、Japaneseのzipをクリックするとzipで圧縮されたファイルがダウンロードされます

契約しているサーバーのフォルダにコピペする

次は、zipファイルを解凍して、契約しているサーバーのファイル保管場所へコピーします

わたしが契約しているのはロリポップなので、ロリポップで説明します

まず、ロリポップのサイトへ行き、上の画面のロリポップ!FTPをクリックします

ファイル選択画面が開くので、wp-contentをクリックします

ファイル選択画面が開くので、languagesをクリックします

さらに、画面が開くのでpluginsをクリックする

上のような画面が開いたら、google-site-kit-ja・・・と書いてあるファイル全てのチェックボックスにチェックを入れてそのファイルを削除します

万が一に備えて、バックアップは取っておいてください

削除したら、ファイル選択画面の上に、ファイルを選択するボタンがあるのでクリックして先ほど解凍した日本語の言語ファイルを全部選択してアップロードボタンを押します

すると、アップロードが始まります

少しだけ時間がかかりますが、これで、「Site Kit」を開くと日本語化が完了しているはずです

以上、おわりん

コメント

タイトルとURLをコピーしました